工業化学科

   ホーム  >  工業化学科

 

  工業化学科

 

 
工業化学科では、工業化学に関する基礎・基本を学習し、さらに化学工学・地球環境化学等のより専門的な化学の知識を習得することができます。そして、化学工業およびその他の化学を応用する諸分野において製造、検査、研究補助及び環境の調査・分析、保全などの業務に従事する実践的技術者の育成を目標としています。  
 
 
   

 ものづくりコンテスト

化学分析部門

九州大会出場!

 超難関国家試験合格!

         公害防止管理者 ダイオキシン類関係

         公害防止管理者 水質関係第4種

 

  

  学 習 内 容

 

 必修科目

 

 工業技術基礎

 せっけんの製造、七宝焼製作、化学実験基本操作、製図を行います。

 

 化学反応を利用した作品制作、調査・研究、資格取得を行います。

 実    

 分析、化学プラント、製造化学などの実習を行います。

 情報技術基礎

 コンピュータの基礎について学習します。

 

 化学製品を作るのに必要な基礎的な知識と技術について学習します。

 

 化学工場の機材・装置の成り立ち、操作、管理などについて学習します。

 

 選択科目

 材料製造技術

 金属、セラミックス、プラスチックなどを作るための知識や技術について学習します。

 地球環境化学

 環境の測定法や保全技術について学習します。

       

 製図の基礎的な知識と技術を学習します。

 

 

 実 習 内 容

 

 <せっけんの製造>

っけんについての歴史や基礎知識を学び、実験器具を用いてせっけんを製造する。溶液調整や塩析、吸引ろ過などの実験操作をう。

 

  

 

 <プラント実習>

メタノールの精留を行い、気液平衡や還流、精留について学習する。バッチ式蒸留塔の化学プラント装置の運転の技術を修得する。

 

 

    

 

 

 

 

 

 <機器分析>

環境計測に用いる分析機器の原理、操作法を学習する。ガスクロマトグラフィーや原子吸光分析装置を用いて試料の分析を行う。

 

  

 

  

 

 <製造化学>

酢酸エチルの製造に関して、エステル化反応や平衡定数の理念について学習する。

製造、中和、蒸留の実験操作を行い、製品を作る。

 

 

   

 

 

  

 

 工業化学科で取得する主な資格・検定試験

 

 計算技術検定

 情報技術検定

 リスニング英語検定

 公害防止管理者 ダイオキシン類関係、水質関係

 危険物取扱者甲種、乙種(第1~6類)

 高圧ガス製造保安責任者丙種化学(特別)

 2級ボイラー技士

 毒物・劇物取扱者

 

 
 

工業化学科の主な進路

  

主 な 就 職 先

 三井化学(株)大牟田工場

 三井化学(株)岩国大竹

 三井化学(株)大阪工場

 三井化学(株)市原工場

 住友化学(株)千葉工場

 福岡酸素(株)

 三菱ガス化学(株)四日市工場

 セントラル硝子(株)宇部工場

 電気化学工業(株)大牟田工場

 出光興産(株)

 (株)日本触媒

 (株)ダイセル

 日油(株)川崎事業所

 出光エンジニアリング(株)

 (株)ロッテ

 大塚製薬(株)

 コカ・コーラウエストプロダクツ(株)

 住友精化(株)

 メルシャン(株)

 (株)ロキテクノ

 九州旅客鉄道(株)

  三菱レイヨン(株)大竹事業所   トヨタ自動車(株)   新日鐵住金(株)八幡製鐵所

 

大学・専門学校

信州大学

佐賀大学

福岡大学

九州共立大学

西南学院大学

福岡女子短期大学

 西九州大学  帝京大学  

久留米リハビリテーション学院

柳川リハビリテーション学院

 

 ホーム